iPhoneを音楽プレイヤーとして使う理由

by author



iPhoneを購入したはいいのですが、 メールや、電話、インターネットなどのみで使用しているのは非常に勿体ないと言えます。
iPhoneに最新の様々な機能が入っており、それらを活用する事で、様々な可能性を感じる事ができるでしょう。

iPhoneで音楽を楽しんでいる方は多いですが、大量のアプリや、写真などが溜まると容量がすぐいっぱいになってしまい、音楽を持ち歩ける量も減ってしまって、思う存分音楽を楽しむ事ができないと感じている方も多いようです。

これを解消するには、容量の多い機種に変更するなどありますが、現在クラウドストレージが発展して、音楽もクラウド上に置いたまま再生する事が可能になってきました。

Youtubeなどは実際にダウンロードするのではなく、ストリーミング再生することで動画を楽しんでいますが、クラウドストレージを使った再生も同じような原理で、ダウンロードすることなく音楽を楽しむことができます。


最近ではAppleが、iTunes matchというサービスは初めています。

iPhone6Sの在庫選びであなたの手助けをします。

これはストリーミング再生を使った技術で、実際にiPhoneに音楽を入れることなく、自分の持っている音楽を再生することができます。



曲数は25,000曲が最大となっていますが、ほとんどの方は、問題なく全ての音楽を再生することができるでしょう。



またITunes storeで販売されている曲は25,000曲にカウントされないのも嬉しいのではないでしょうか。